秋田県産業技術センターに協働ロボット遠隔制御技術を提供

2021年3月8日
アスラテック株式会社

秋田県産業技術センターに協働ロボット遠隔制御技術を提供

アスラテック株式会社は、秋田県産業技術センターに当社が開発した協働ロボットの遠隔制御システムを提供しましたので、お知らせいたします。

秋田県の公設試験研究機関である秋田県産業技術センターが、ロボットの遠隔操作の実験を行える環境を構築するのに際して、当社の協働ロボット遠隔制御技術を採用していただきました。ロボットの遠隔操作はコロナ禍でニーズが高まっており、秋田県産業技術センターの実験環境は、ロボットの遠隔操作技術の導入・開発・評価を行う地元企業向けに提供されます。

ロボットの遠隔操作環境の概要は以下の通りで、当社のロボット遠隔制御システム「V-Sido WebConnect(ブシドー・ウェブコネクト)」が使われています。

  • 専用のグリッパーを接続したUniversal Robots社の協働ロボット「UR5e」を、インターネット経由で遠隔操作することが可能
  • ロボットと離れた場所にいるオペレーターは、Webブラウザで専用のクラウドシステムにアクセスし、Webアプリケーションを使ってロボットを操作
  • オペレーターは、Webアプリケーションに表示された手元用カメラと俯瞰用カメラの2つの映像を確認しながら、ジョイスティックでロボットを動かすことが可能
  • Webアプリケーションでは、ロボットの操作だけでなく、ロボットの各種情報の取得も可能

図■V-Sido WebConnectを用いた遠隔制御システム構成図

写真■遠隔操作のWebアプリケーション画面