ロボットにかかる力をユーザーが体感できるロボット操作システム「V-Sido Bilateral」を発表

2022年4月20日
アスラテック株式会社

ロボットにかかる力をユーザーが体感できる
ロボット操作システム「V-Sido Bilateral」を発表

~アクチュエーターを問わずバイラテラルの力覚フィードバックを実現~

アスラテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:酒谷 正人、チーフロボットクリエイター:吉崎 航、以下「アスラテック」)は、マニピュレーターなどのロボットにかかる力を操作者に伝えることができるロボット操作システム「V-Sido Bilateral(ブシドー・バイラテラル)」を発表しました。

「V-Sido Bilateral」は、マニュピュレーター1台と同一形状のコントローラー1台の2台で構成されるロボットシステムです。コントローラーの動きをマニュピュレーター(ロボット)に同期させる、いわゆるマスタースレーブをベースにしつつ、コントローラーに力覚をフィードバックすることで双方向の姿勢同期を行います。操縦者はロボットにかかる外からの衝撃や物体を把持することで、より直感的にロボットを動かすことができるほか、自然にロボットへかかる負担が小さくなる動作を作ることができます。

また、ロボットおよびコントローラーへの力覚フィードバック設定を調整することで、作業内容や用途に応じたロボット操作を実現できます。たとえば破損の可能性がある対象物を把持する際、ロボット側にトルクリミットをかけ破損を防ぎながら、コントローラーへの力覚をフィードバックさせることで、対象物への繊細なアプローチが可能になります。

「V-Sido Bilateral」は、アスラテック独自のロボット制御システム「V-Sido(ブシドー)」をベースに、バイラテラルの機能に特化したソフトウエアとして開発されました。そのため「V-Sido」と同様、幅広いアクチュエーターに対応しており、ロボットの形状や大きさ、用途を問わず、さまざまなロボットに適用することが可能です。また、アクチュエーターを変更した場合でも、同じソフトウエアを利用可能なため、効率的にロボットを開発できます。

「V-Sido Bilateral」は、2022年4月20日時点で、VTuber「斗和キセキ」が動画を公開しているロボット「ロボ斗和キセキ」の制御や、VTuber「シマハイイロギツネ」のリアルごあいさつ会で使われたロボットの制御(詳細は、 https://www.asratec.co.jp/2022/03/07/30537/ を参照)で採用されています。またアスラテックは、株式会社オリィ研究所が開発中の新型分身ロボットにも「V-Sido Bilateral」で協力をしています。

市販製品では現在、「V-Sido Bilateral」は株式会社ロボティズ日本支店(以下「ROBOTIS」)のマニピュレーター「OpenMANIPULATOR-X」に対応しています。なお、ROBOTISから「V-Sido Bilateralスターターキット」が発売される予定です(発売時期は2022年夏前、価格は未定)。このキットは、「OpenMANIPULATOR-X」、「小型コントローラーRakuda-mini」、「V-Sido Bilateral制御ボックス」の3点で構成されており、「V-Sido Bilateral」のロボット制御をすぐに利用できるようにした製品です。また、その他のROBOTISロボットにも、「V-Sido Bilateral」の対応を検討してまいります。

今後アスラテックは、分野を問わずさまざまなロボットメーカーに「V-Sido Bilateral」を提供していきます。

※ マスタースレーブ……ロボットの遠隔操作手法のひとつで、ユーザーが手元にあるマスターロボットを操作して、その動きと同期して遠隔にあるスレーブロボットが動作する仕組みのこと。近年はリーダフォロワなどの用語が推奨されている。

●「V-Sido Bilateral」構成図

●「V-Sido Bilateral」構成図

●「V-Sido Bilateral」対応製品:ROBOTIS製「OpenMANIPULATOR-X」

●「V-Sido Bilateralスターターキット」の問い合わせ先
株式会社ロボティズ日本支店
メール: japan@robotis.com(ロボティズ日本支店代表)

●「V-Sido Bilateral」を使ったロボットの動画
https://youtu.be/lRMUTMOqD5I
※動画で使われている「ねこずきん」は、アスラテックが「V-Sido Bilateral」の開発・検証のために作成した独自設計ロボットです。

●「V-Sido Bilateral」採用事例:VTuber「シマハイイロギツネ」のリアルごあいさつ会

参考動画: https://www.youtube.com/watch?v=uO-RV5hiN7I
※リンク先は、けものフレンズプロジェクト公式YouTubeチャンネル内の動画

●「V-Sido Bilateral」採用事例:VTuber「斗和キセキ」の「ロボ斗和キセキ」

参考動画: https://www.youtube.com/watch?v=DJ4uF5Cqoa8
※リンク先は、斗和キセキのYouTubeチャンネル内の動画

●「斗和キセキ」のYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCKYPwPHjmgLWrJwkcLhGvNg/featured

  • このプレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • このプレスリリースに記載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更される場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

本件に関する報道関係からの問い合わせ先

アスラテック株式会社
メール: お問い合わせアドレス