ロボット遠隔操作システム「VRcon for Pepper」

インターネット越しにPepperを遠隔操作

「VRcon for Pepper」は、インターネット越しにPepperを遠隔操作できるようにするシステムです。

VRcon for Pepperを組み込んで個別のロボアプリを開発することで、遠隔操作に対応したロボットソリューションを簡単に実現できます。

VRcon for Pepperでは、Pepperを遠隔で動かすだけでなく、映像や音声を使ったやり取りも可能です。オペレータの声をそのままPepperで出力できるほか、オペレータがしゃべったりキーボード入力した内容を、Pepperの声で読み上げる機能も備えています。

Pepperと操作用端末との接続や通信には、リアルタイムな双方向通信を実現するWebRTC技術が使われています。またユーザーの操作に合わせたPepperの自然な動きの生成などに、アスラテックのロボット制御技術「V-Sido」のノウハウが生かされています。

人とロボットの協業を可能にするシステム

Pepperは接客や受付などさまざまなシーンで活用できる優れたロボットです。しかし、まだ人によるきめ細やかなサービスには及ばない部分もあります。VRcon for Pepperを利用すれば、ロボットの優れた部分と人の優れた部分を融合させた、新しい顧客サービスを実現することが可能です。

さらに、インターネット越しの遠隔操作という利点を生かして、コールセンターなどによる一極集中のソリューションも構築できます。

VRconとクラウドAIの連携ソリューション

アスラテックはForex Roboticsと協力して、VRconのオペレータの業務をクラウド上の人工知能(AI)でサポートするシステムも開発・提供しています。

VRconと連係するクラウドサービスは、多言語での翻訳機能、音声のテキスト化機能(Speech to Text)・テキストの音声化機能(Text to Speech)、機械学習を用いたFAQの回答機能などを備えています。VRconとこれらの自然言語処理のクラウドサービスを連携させることで、たとえば以下のようなソリューションを実現できます。

  • コミュニケーションロボットに対する外国語の質問を、日本語に変換してオペレータ側に表示
  • オペレータによる日本語での応答を、任意の外国語に変換してコミュニケーションロボットから発話
  • コミュニケーションロボットに伝えられた質問内容をクラウド上のAIが解釈し、回答の候補をオペレータ側に提示

これにより、オペレータが未習得の外国語での質問にも応答できるようになるほか、システムが質問への回答作業を補助することでオペレータの負担を軽減することが可能です。

お問い合わせ

アスラテックは、VRcon for Pepperをアプリ開発会社(システムインテグレータ)向けにライセンス提供しております。個別のロボアプリ開発やソリューション構築につきましては、ライセンス提供先のアプリ開発会社と協力して実施いたします。

VRcon for Pepperによる開発の詳細につきましては、アスラテックまでお問い合わせください。