会社概要

企業理念
ロボットと人が共存できる社会へ
代表挨拶

2010年にソフトバンクは創業30周年を迎え、グループ全社員を対象に30年後のソフトバンクの姿を考える「新30年ビジョンコンテスト」が開催されました。

コンテストで優勝したのは、ロボットをテーマに熱弁を振るった弊社の社員でした。
「少子高齢化が進む将来においてロボットは人々の助けとなり、30年後はロボットが人類にとって欠かせない存在となっているに違いない」
まさにその想いを実現するべく弊社は誕生しました。

人々の永遠の夢であった鉄腕アトムのようなロボットは、今まさに現実の物となりつつあります。

弊社はロボットの頭脳とも言えるソフトウェア(OS)を事業の中核に据え、人々とロボットが共存する社会の実現に向けて邁進してまいります。

今後ともアスラテックにご期待とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2014年9月
アスラテック株式会社
代表取締役社長 酒谷 正人
酒谷正人
チーフロボットクリエイター/V-Sido開発者 吉崎 航
吉崎航

1985年、山口県生まれ。ロボット制御システム「V-Sido」の開発者で、日本でも有数なロボット技術者として知られている。

2009年、経産省所管のIPA(独立行政法人情報処理推進機構)が実施した「未踏IT人材発掘・育成事業」に、吉崎のプロジェクト「人型ロボットのための演技指導ソフト」が採択され、「V-Sido」を発表。その成果により、特に優れた人材として経産省から「スーパークリエータ」に認定される。

2010年、倉田光吾郎氏のプロジェクトである水道橋重工に参加し、巨大ロボット「クラタス」の制作に携わる(V-Sidoによる制御を担当)。

2013年7月より、アスラテック株式会社チーフロボットクリエイターに就任し、同社にてV-Sido関連のビジネスを展開している。2014年には、安倍晋三首相主宰の有識者会議「ロボット革命実現会議」の委員として任命され、翌2015年には「ロボット革命イニシアティブ協議会」の参与に選任される。ロボット関連の講演も数多く、広くロボットの普及に努めている。

アスラテックの事業

アスラテックはロボット専業企業として2013年に設立されて以来、さまざまな企業様とパートナーシップを結び、ロボット実用化のお手伝いをさせていただいております。

ロボット制御システム「V-Sido」(ブシドー)の企画・開発・ライセンス販売を中核にして、ロボット全般の開発支援やコンサルティングなどを展開しています。

ロボット制御システム「V-Sido」事業
  • V-Sidoの開発・ライセンス販売
  • V-Sidoを用いたロボット制御ソフトウェアの受託開発
  • V-Sidoをベースとした新規技術の研究開発
  • V-Sido CONNECTの開発・販売
ロボット開発支援事業
  • ロボットハードウェアの試作請負
  • ロボットハードウェアの受託開発
  • 新規ロボット開発の支援、技術協力
  • ロボットへの遠隔操作機能の実装支援
ロボットコンサルティング事業
  • ロボット開発における技術コンサルティング
  • ロボットビジネスのコンサルティング
  • ロボットの活用・開発に関する企画立案支援
  • イベントやテレビ番組、映像作品などでのロボット運用
  • ロボット関連の講演、セミナーでの講師派遣
企業概要
社名 アスラテック株式会社
Asratec Corp.
事業内容 「V-Sido」関連商品の企画・開発・販売・コンサルティング
所在地 〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町45番地
» アクセスマップ
創業 2013年7月5日
代表取締役社長 酒谷 正人

(2016年12月16日現在)