V-Sido OS対応

お客様が開発されたロボットへのV-Sido OS対応

V-Sido OSは、さまざまなロボットを動かすことのできるロボット制御システムです。V-Sido OSにより、操縦者の意図通りにロボットを動かすことができるようになり、しかも遠隔での操作を簡単に実現することが可能です。
お客様が開発されたロボットをV-Sido OSで動かすには、各ロボットに合わせたパラメータの調整などが必要となります。

ヒアリング

v-sidoos_integration_icon1

ロボットの用途やハードウェア構成、アクチュエータの詳細など、各種仕様を確認します

対応方法
検討

v-sidoos_integration_icon2

V-Sido OSをどのように当該ロボットに対応させるかを検討し、見積を行います

V-Sido OS
カスタマイズ

v-sidoos_integration_icon3

V-Sido OSが未対応のアクチュエータの場合、カスタマイズを行います。またロボットの形状によっては3Dモデル作成などを行います

パラメータ
調整

v-sidoos_integration_icon4

実際にV-Sido OSによる制御を行い、しっかり動くようにパラメータ調整を実施します

納入

v-sidoos_integration_icon5

Windowsアプリケーションや電子回路基板などの形でV-Sido OSを納入します

※上図は導入プロセスの一例です

アスラテックはこれまで「J-deite Quarter」「DOKA ROBO」「SE-01」「METCALF clione」など、多くのロボットにV-Sido OS対応を行ってきました。また、力触覚提示デバイス「EXOS」など、いわゆるロボット以外のプロダクトに対してV-Sidoの技術による開発協力を行ったケースもあります。

お問い合わせ

下記のようなご要望など、ロボットのV-Sido OS対応をご検討されている場合、アスラテックまでお問い合わせください。

 

  • 開発中のロボットの課題を解決するためにV-Sido OSを採用したい
  • 開発が終わったロボットをV-Sido OSで動かしたい
  • これから開発を着手するロボットをV-Sido OS対応にしたい