世界のロボットスタートアップに関する調査結果を発表

2016年12月28日
アスラテック株式会社

世界のロボットスタートアップに関する調査結果を発表

  • ロボットスタートアップ数トップはアメリカで279 件(2016 年1 月末時点)
  • アメリカのロボットスタートアップの43%がカリフォルニア州にある
  • アメリカのロボットスタートアップのジャンルトップは「ドローン」で構成比の25%に及ぶ

アスラテック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:酒谷 正人)は、世界のロボットスタートアップに関する調査結果を発表した。この調査は、世界のロボット関連のスタートアップ企業についてとりまとめている「THE ROBOT REPORT」の2016年1月時点の情報をもとに、独自の視点で再編集したものになる。

ロボットスタートアップが最も多いアメリカ

THE ROBOT REPORT で取り上げられているロボットスタートアップの件数を国別で見ると、表1のようになる(上位 10 カ国)。アメリカが279 件で最も多く、続いてフランス(46 件)、中国(30 件)となり、日本は 16 件で9 番目だった。

表1. 世界のロボットスタートアップ数(2016 年 1 月末時点)

fig1

アメリカのロボットスタートアップは「カリフォルニア州」に集中

2016 年 1 月末時点でのアメリカのロボットスタートアップを州別に分けたものが、図1になる。
結果は、1 位がカリフォルニア州(119 件)、2 位がマサチューセッツ州(22 件)、3 位がペンシルバニア州(15 件)となった。

図1.アメリカのロボットスタートアップ 州別分布(2016 年 1 月末時点)

fig2

アメリカのロボットスタートアップのジャンル上位は「ドローン」「農業」

アメリカのロボットスタートアップをジャンルで区分すると、表2・図2のようになる。なおジャンル分けは、引用元である「THE ROBOT REPORT」の記載をベースに、スタートアップのウェブサイトを可能な限り確認したうえで行った。結果、1 位が「ドローン」で 71 件、2 位が「農業」の 23 件と続く結果となった。なお、「農業」の中には「ドローン」を扱う企業も一部含まれていたが、事業内容が農業特化の場合は「ドローン」を扱っていても「農業」に区分されている。

表2. ジャンル別のアメリカのロボットスタートアップ数トップ 10(2016 年 1 月末時点)

fig3

図2.アメリカのロボットスタートアップ ジャンル構成比(2016 年 1 月末時点)

fig4

アスラテック株式会社について

2013年7月に設立されたロボット専門の企業。ロボット制御システム「V-Sido OS」(ブシドー・オーエス)の開発・販売を中心にロボット事業を展開するほか、ロボットビジネスのコンサルティングも手がけている。

  • 本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。