プレスリリース /2018.11.12

建設機械遠隔操縦人型ロボット「KanaRobo」向け体感型コックピットコントローラーの開発に協力

2018年11月12日
アスラテック株式会社

建設機械遠隔操縦人型ロボット「KanaRobo」向け
体感型コックピットコントローラーの開発に協力

~建設機械からのフィードバックにより臨場感のある遠隔操縦を実現~

ソフトバンクグループでロボット・ソフトウエア事業を行うアスラテック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:酒谷正人、チーフロボットクリエイター:吉崎 航、以下「アスラテック」)は、株式会社カナモトが開発した建設機械遠隔操縦人型ロボット「KanaRobo(カナロボ、旧称「DOKA ROBO3」)向け体感型コックピットコントローラーの開発に協力しました。

「KanaRobo」は、油圧ショベルなど既存の建設機械に搭乗させることで、遠隔地から建設機械を操縦可能にする人型ロボットです。従来「KanaRobo」の操縦コントローラーには、卓上のプロポ型コントローラーや、実際の建設機械のコックピットをベースにしたコックピット型コントローラーなど、複数のコントローラーを提供していました。現場の利用者から掘削の感覚や衝撃を感じられるコントローラーが欲しいという要望が寄せられており、今回「KanaRobo」対応コントローラーとして、新たに体感型コックピットコントローラーが追加されました。

この体感型コックピットコントローラーでは、建設機械の傾きや振動がユーザーの座る運転席にフィードバックされ、今までよりも臨場感のある遠隔操縦ができるようになっています。建設機械に取り付けた3軸ジャイロセンサーからの信号を体感型コックピットコントローラーが受け取り、その情報を基に3軸シリンダーで運転席を動かすことで、実際の建設機械の運転席の状況を再現します。

建設機械の遠隔操縦は、災害時の危険地域など人の立ち入りが制限される場所での活躍が期待されていますが、それだけにとどまらず通常の工事現場においても、遠隔操縦を通して人員の有効活用や作業効率の向上などを見込むことができます。今後もアスラテックは、業務の効率化を実現するさまざまなロボットの開発に協力していきます。

「KanaRobo」向け体感型コックピットコントローラー

建設機械の操縦席に乗せた「KanaRobo」を体感型コックピットコントローラーで操ることで、建設機械の遠隔操縦が可能

▼「KanaRobo」向け体感型コックピットコントローラーの動画
https://youtu.be/c3NUrXXrInM

  • このプレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
  • このプレスリリースに記載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更される場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

本件に関する報道関係からの問い合わせ先

アスラテック株式会社
E-mail: お問い合わせアドレス

関連情報