RoboChemia (GS Knee)

藤倉化成株式会社様
RoboChemia-b

藤倉化成株式会社の「RoboChemia(GS Knee)」(ロボケミア・ジーエス ニー)(旧称:「RoboChemia (EAM Knee)」)は、リハビリテーション向けの歩行練習デバイスです。

長下肢装具の膝の部分に取り付けて、ブレーキ装置により膝回転を制御する機能を備えており、そのブレーキ制御に「V-Sido」が使われています。

長下肢装具はリハビリテーションで歩行練習などをするときに脚部に取り付けて使われる器具です。従来の一般的な長下肢装具は、膝関節を完全に固定した状態で使用されるため、利用者は膝を曲げることができずに不自然な歩行になるといった課題がありました。

「RoboChemia(GS Knee)」を使うことで、長下肢装具の膝が固定された状態と膝が自由に曲がる状態を任意のタイミングで切り替えることが可能になります。

膝関節のブレーキによる固定状態と屈伸フリー状態は、セラピストによるハンドスイッチ操作で切り替えることができます。

これにより、リハビリテーションにおいて代償動作が少ない歩行練習を実現できます。

この膝関節部分のブレーキを制御するソフトウェアとしてV-Sidoを採用いただき、アスラテックは二足歩行ロボットの制御技術を応用した歩行制御のアルゴリズムを基に、ブレーキ制御に関わるプログラムや基板の開発で協力しました。

このブレーキ機構はどの位置からでも伸展方向に自由に動き、屈曲方向のみブレーキ制御を行う仕組みになっています。そのため歩行練習において、間違って屈曲位で接地した場合でもいち早く伸展位に移行する動きが可能です。さらに立ち座り練習においても、屈曲方向のブレーキ力を調整することで、安全な立ち上がり動作や腰掛け動作をサポートするなど、安全性に優れた設計になっています。

RoboChemia(GS Knee)は、優れた装着性・利便性も特徴の一つです。重量780gと軽量ながら、最大固定力40Nmを確保しています。また、1回の充電で8時間の使用が可能となっています。

  • RoboChemia(GS Knee)は、リハビリの歩行練習で使用することを前提とした製品です。
  • RoboChemia(GS Knee)は、セラピストが歩行練習目的で使用する装具に取り付ける電子制御式膝継手です。個人や本目的以外で使用することはできません。
  • RoboChemia(GS Knee)はすべての長下肢装具に取り付けることができるわけではありません。

関連リンク

名称

RoboChemia (GS Knee)

Category
Powered by V-Sido