0401_banner01

「V-Sido OS」(ブシドー・オーエス)は、さまざまなロボットを動かすことができる、ロボット制御ソフトウェアです。

リアルタイムにロボットを動かすことができ、急な衝撃を受けたときや不安定な足場でも倒れにくい安定性を備えているのが特徴です。さらに、スマートフォンなどの入力デバイスから大まかな指示を出すだけで、ロボットが必要な情報を補完して動くことを可能にします。

また、さまざまな形状、大きさ、アクチュエータに対応しており、多様なメーカーのロボットをV-Sido OSで制御することが可能です。

V-Sido OSの特徴や採用例は、下記の動画でご覧いただけます。

何でも動かすV-Sido OS

V-Sido OSは、その汎用性の高さも特徴です。さまざまな種類のアクチュエータ(異なるメーカー製のサーボモータ、油圧システム、エアサーボなど)に対応し、ロボットの形状や大きさ、用途を問わず利用できます。同じシステムで、さまざまなロボットを利用できるため、効率的にロボットを開発できるというわけです。

下図に挙げたのは、V-Sido OSが採用されているロボットのほんの一例です。用途もサイズも駆動方式も異なるこれらのロボットすべてを、V-Sido OSで動かすことができます。

robots

V-Sidoの受賞歴等

2009年 IPA未踏ソフトウェア 本体2009年度上期採択
“人型ロボットのための演技指導ソフト”
2009年 Infinity Venture Summit 2009 LaunchPad 準グランプリ
“ホビーロボットのための演技指導ソフト「V-Sido」”
2010年 Infinity Venture Summit 2010 LaunchPad グランプリ
“V-Sido for smart phone”
2011年 計測自動制御学会 講演会 優秀講演賞
“ヒューマノイドロボットのための統合操縦ソフト”V-Sido””
2012年 ニコニコ学会β 野生の研究者 大賞
2012年 第16回文化庁メディア芸術祭 エンターテイメント部門・優秀賞
水道橋重工『KURATAS』
2014年 経済産業省 Innovative Technologies 2014採択
“V-Sido OS”

V-Sido OSのご利用について

V-Sido OSは原則として、企業向けのライセンス販売、ライセンス提供のみとなります。

たとえばロボット製品ごとにV-Sido OSのソフトウェアをカスタマイズして提供するほか、ロボット制御用マイコンなどにV-Sido OSの機能をカスタマイズして実装する形でのライセンス提供も可能です。

V-Sido OSのご利用をお考えの企業様は、弊社までお問い合わせください。

  • 開発済みの自社製ロボットの制御にV-Sido OSの採用をご検討されている企業様
  • V-Sido OSの技術を使ったロボットの試作をご検討されている企業様
  • V-Sido OSの技術を使い、Webサービスと連携させたロボットアプリケーションの開発をご検討されている企業様
  • アクチュエータの制御ソフトウェアでお困りの企業様