「V-Sido×Songle」を活用し、「Pepper」が歌って踊れるようになるロボアプリをエクシングと共同開発

2016年7月20日
アスラテック株式会社

「V-Sido×Songle」を活用し、「Pepper」が歌って踊れるようになるロボアプリをエクシングと共同開発

~「Pepper World 2016 夏」に共同出展~

ソフトバンクグループのアスラテック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:酒谷 正人、チーフロボットクリエイター:吉崎 航)は、音楽連動ロボット制御システム「V-Sido×Songle」を活用し、人型のロボット「Pepper」による介護施設向け総合ソリューション「健康王国 for Pepper(仮称)」のV-Sido×Songle対応版を、株式会社エクシングと共同で開発しました。

今回開発したロボアプリは、エクシングが開発する「健康王国 for Pepper(仮称)」に、アスラテックと国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)が共同で開発した音楽連動ロボット制御システム「V-Sido×Songle」を連携させたものです。これにより、エクシングが運営するカラオケサービス「JOYSOUND」で保有する楽曲をPepperが歌うだけでなく、その楽曲のリズムなどの解析結果に合わせて踊ることが可能になります。

本ロボアプリは、7月21~22日の2日間にわたりザ・プリンス パークタワー東京(東京都港区)で開催される「Pepper」の活用事例やロボアプリを紹介する法人向けイベント「Pepper World 2016 夏」のエクシングのブースで、参考展示します。

今後、アスラテックはエクシングと協力して、同ロボアプリの商用化に向けて取り組んでいきます。

「健康王国 for Pepper(仮称)」について

エクシングの「健康王国 for Pepper(仮称)」は、介護施設向け総合ソリューションとして開発中のアプリです。Pepperがインストラクターの代わりにレクリエーションを実施したり、施設の利用者と一緒にお話したりするだけでなく、将来的には一緒にカラオケをしたりすることもできるようになるサービスです。

「V-Sido×Songle」について

「V-Sido×Songle」(ブシドー・ソングル)は、アスラテックと産総研が共同で開発した、音楽連動ロボット制御システムです。産総研の能動的音楽鑑賞サービス「Songle」(http://songle.jp/)と、アスラテックのロボット制御ソフトウェア「V-Sido OS」を連係させたシステムで、楽曲の進行に合わせて振り付けパターンを割り当てて、さまざまな形・サイズの人型ロボットを踊らせることができます。
ウェブサイト:https://www.asratec.co.jp/product/v-sido-songle/

アスラテック株式会社 会社概要

社名: アスラテック株式会社
所在地: 東京都千代田区神田東松下町45番地
代表者: 代表取締役社長 酒谷 正人
URL: http://www.asratec.co.jp/
設立日: 2013年7月5日
資本金: 5億1000万円(資本準備金含む)
事業内容: 「V-Sido」関連商品の企画・開発・発売・コンサルティング
  • 本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

本件に関する報道関係からのお問い合わせ先

アスラテック株式会社
E-mail: お問い合わせアドレス