ダブル技研株式会社との開発協業について

2020年10月5日
アスラテック株式会社

ダブル技研株式会社との開発協業について

アスラテック株式会社(以下「アスラテック」)は、ダブル技研株式会社(以下「ダブル技研」)が開発を監修している遠隔操作ロボットハンドシステムにおいて、制御システム構築の分野で開発協業パートナーを務めることをお知らせいたします。

ダブル技研は、次世代ハンドリングシステム「D-Hand(ディーハンド)」「D-Vision(ディービジョン)」などを開発するロボットSIerです。現在ダブル技研は、遠隔操作ロボットハンドシステムの構築を目指しており、その制御システムの分野でアスラテックは開発協業パートナーを務めます。この制御システムは、クラウド経由で次世代ロボットハンドを操作するというもので、アスラテックの「V-Sido WebConnect」を用いて開発を行っています。

double-asra

アスラテックとダブル技研との協業については、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」でダブル技研が公開した投資募集のプロジェクトページでも紹介されています(クラウドファンディングの申込みの開始は2020年10月8日 19:30の予定)。また、クラウドファンディングのプロジェクトページでは、「メンターからの評価」として、弊社チーフロボットクリエイターの吉崎 航のコメントも掲載されています。

▼ダブル技研のプロジェクトページ(FUNDINNO)
 https://fundinno.com/projects/169

今後もアスラテックは、さまざまなロボットメーカーと連携し、ロボットの普及や社会実装に努めていきます。