1. V-Sido OS

V-Sido OSは原則として、企業向けのライセンス販売、ライセンス提供のみとなります。

たとえばロボット製品ごとにV-Sido OSのソフトウェアをカスタマイズして提供するほか、ロボット制御用マイコンなどにV-Sido OSの機能をカスタマイズして実装する形でのライセンス提供も可能です。

基本的に、試作開発の段階ではアスラテックへの支払いは発生せず、商品化された段階でライセンス料をお支払いいただく形となります(ただし共同開発などの場合、開発協力費などの形で費用が発生する場合もあります)。

下記に該当する企業様は、ぜひ弊社へお問い合わせください。

  • 開発済みの自社製ロボットの制御にV-Sido OSの採用をご検討されている企業様
  • V-Sido OSの技術を使ったロボットの試作をご検討されている企業様
  • V-Sido OSの技術を使い、Webサービスと連携させたロボットアプリケーションの開発をご検討されている企業様
  • アクチュエータの制御ソフトウェアでお困りの企業様

2. V-Sido CONNECT

V-Sido OSで制御するロボットのプロトタイプ開発、評価のために、V-Sido OSの一部機能をマイコンボードに実装した「V-Sido CONNECT」という製品も用意しています(現在RC版を提供中)。

V-Sido CONNECTは、市販ロボットと組み合わせて、JavaScriptだけでロボット開発が行えるので、Web系の技術者の方でも容易にご利用いただけます。また、趣味でロボットを開発している個人ユーザー様にも適しています。

下記に該当する企業様は、ぜひ弊社へお問い合わせください。

V-Sido OSの評価、プロトタイプ開発のためにV-Sido CONNECT(現在はRC版のみ)を購入したい企業様(現在、品切れ中ですが、在庫ができ次第、優先出荷も可能です)

3. V-Sido Lite

V-Sido OSを使ったロボットの操作を体験したい方は、「V-Sido Lite」をご利用ください。V-Sido LiteはV-Sido OSを使ってロボットを操作するためのWindowsアプリケーションです。V-Sido Liteは非商用利用に限り無償でお使いいただけます。

V-Sido Liteは、V-Sido開発者支援サイト「V-Sido Developer」で公開しています。