DOKA ROBO

株式会社富士建様
dokarobo_head_s
人型ロボットによる建設機械操縦システム

「DOKA ROBO」は富士建様が開発した建機操縦用の人型ロボットです。

DOKA ROBOのロボット本体は容易に持ち運びができるサイズで、油圧ショベルなどの建設機械に人間の代わりにロボットを乗せて、建設機械の遠隔操作を実現できます。このロボットの制御に、V-Sido OSを採用していただきました。

ロボットの操作は遠隔で行うことができるので、災害時の危険地域など、人が入っていけない場所での重機作業も可能です。DOKA ROBOは、2014年7月に国土交通省の「次世代社会インフラ用ロボット技術・ロボットシステム」(災害応急復旧技術)として採択されています。

人型ロボットによる建設機械操縦システム

2014年12月15~19日には、国土交通省が雲仙普賢岳(長崎県南島原市)で実施した災害応急復旧ロボットの現場検証に参加しており、アスラテックもこの作業に協力させていただきました。

2015年には、この現場検証の評価をもとに改良を加えた後継機である「DOKA ROBO2」が富士建様によって開発されており、そちらにもV-Sido OSが採用されています。

関連リンク

紹介記事・メディア掲載

名称

DOKA ROBO(ドカロボ)

Category
Works with V-Sido